旨さへのこだわり

有限会社テンプロスパー

住所/〒101-0021  東京都千代田区外神田3-8-7 神栄ビル1F

営業時間
天想伝~楽~ 11:00~21:00
秋葉原らーめん天神屋 11:30~21:00

旨さへのこだわり

旨さへのこだわり

旨さへのこだわり

麺へのこだわり

“秋葉原らーめん天神屋”、“天想伝楽”ともにつけ麺、油そばの麺は自家製麺です。
国産小麦「麗華」を使い、カリウムを含まないナトリウム100%のかん水を使用し、
のど越しを重視致しました。
切り歯は12番、個性の強いつけ麺、油そばにも負けない太麺です。
尚、らーめん類の麺は株式会社大成食品の特注麺を使わせて頂いております。

img_concept01

自家製麺は本当に旨いの?・・・・・T食品のO部長に聞いてみました。
「自家製麺は旨いに決まっていますよ!」と、思わず耳を疑ってしまうような答えをいただきました。
創業100年以上の老舗製麺会社の味の責任者とでもいう立場の方なので、
当然自社の方が旨いという言葉が聞かれると思っていました。
「業務用の麺は2週間程度の賞味期間が必要で、その為には添加物を使わざるおえません。
それに対し自家製麺は無添加。旨いに決まってますよ。
その代り熟成期間を含め3~4日しか持たないばかりか、1袋作るのにも相当時間もかります。
電話一本で翌日の朝には届けられる業務麺に比べれば、作り続けるのは大変なことです。」

天想伝-楽-のこだわり

濃厚鶏魚介系のスープ

img_concept02

「大山地鶏」の鶏ガラ鶏もみじ。鶏のぼんじりを使用。
通常よりもかなり多い60kg以上の素材を3万キロカロリーの超強火にて豪快に炊き上げ、
残った肉片も裏ごしし、旨味が究極に詰まった濃厚な鶏スープ。
そこに加える魚介は鹿児島枕崎の鯖節、高知の宗田鰹節、うるめ鰯、昆布や干し椎茸、五種の香味野菜。
動物系の旨味に魚介系の旨味と香りを加えるわけです。
スープに合わせる自家製タレはマルキン(小豆島)、ほし(鹿児島)の本醸造醤油、魚醬や天日塩など。
スープの旨味、甘味、香りを最大限に引き出すタレ。
濃厚鶏魚介などどこにでもあると思われる方、他とは違う鶏魚介。ご賞味あれ。

つけ麺

img_20161224_165142

鶏で作られたスープは、あっさりとした清湯スープなどに用いられることは多くの方々に知られています。
鶏の特性を知っている方からは「楽のつけ汁は鶏なのに何であんなにドロドロなんだ!」という声をよく聞きます。
答えは当店のつけ汁は液体ではなく固体だからなんです。
当店では鶏と魚介を合わせて高濃度で仕上げます。さらにその中に裏ごしした大量の鶏肉を入れ一晩寝かせます。
その時点でスープは固体。翌日スープは包丁で切り分けられ、温められてお客様の元へ。
こんな他ではお目にかかれないつけ汁と、合わせる麺はのど越し重視の太麺。
凝縮された鶏の旨味と魚の風味がぎっしり詰まった食べるつけ汁。
唯一無二のつけ麺をどうぞご賞味あれ。

油そば

img_20161224_171644

油そばの油はスープだ!と考えています。
煮干の香り立つ油は2日間かけて作られます。
前日より大量の長崎産いりこを15リットルの水につけ、水分がすっかりなくなるまで煮込みます。
ここで抽出された煮干の旨味と香りを油に染み込ませ完成します。
手をかけた油だから幅広い年齢の方に食べて頂いても、胃もたれするようなことは有りません。
さらに食べ終る前にスープのない油そばに、濃厚鶏魚介スープをかける「追っかけスープ」の
サービスもあって一杯で2つの味が楽しめます。

秋葉原らーめん天神屋のこだわり

完全無化調

sozai

私共は無化調だから体に良いとか体に優しい等ということで無化調を続けている訳ではありません。
当店が開店してから約10年、前身の御茶ノ水天神屋の頃を含めると15年以上無化調を貫いております。
それは、化学調味料を使わなくてもしっかりとした味が出せるという信念と挑戦であります。
化学調味料を否定するものでもありません。ただただ挑戦です。
是非、貴方に挑戦の行方の見届け人になっていただきたいと思っています。

濃厚魚介系

img_20161224_173042

秋葉原らーめん天神屋のスープは濃厚鶏煮干しスープ。
鶏と煮干以外の豚や鯖などの魚介系素材も入っていますが、あくまでも主役は鶏と煮干。
化学調味料を使わない当店ではイノシン酸、グルタミン酸、グアニル酸等の素材の組み合わせで味を作っています。
その為主役以外の素材もうまく使わないと無化調のでも「旨い!」と言っていただける味は出せません。
そうやって作られた鶏と煮干のスープ。どうぞ御賞味あれ。

秋葉原らーめん天神屋のメニューはこちら

お問い合わせはこちら

秋葉原らーめん天神屋

住所/〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-28

営業時間 【月~金】11:30~21:00
    【土曜】11:30~15:00

定休日 日曜・祝日

03-3861-0951

天想伝~楽~

住所/〒101-0021 東京都千代田区外神田3-8-7 神栄ビル1F
営業時間/11:00~21:00  定休日/年末年始

03-3255-4649

main_tennai

末広町の 天想伝 楽&秋葉原らーめん天神屋は自家製麺が自慢です。

末広町にある 天想伝 楽&秋葉原らーめん天神屋は、自家製の麺(つけ麺)が自慢です。
喉越しを重視するため、国産小麦「麗華」を使い、ナトリウム100%のかん水を使用しています。
また、麺は株式会社大成食品の特注麺を取り寄せています。
特注の自家製麺はなぜ美味しいのか。
それは、添加物を一切使っていないからです。
業務用の麺の場合、2週間程度の賞味期限が必要なので、添加物を使わないといけないのです。
自家製麺は3〜4日しか持ちませんが、その分、常に新鮮なのです。
また、スープにも並々ならぬこだわりがあります。
大山地鶏をふんだんに炊き上げ、旨味が濃縮された濃厚な鶏スープを作り、そこに鹿児島枕崎の鰹節や高知の宗田鰹節などを加えています。
他店にはない濃厚な味わいのスープです。

TOP